> 大会結果 > 日本実業団陸上競技連合女子長距離記録会

2018

日本実業団陸上競技連合女子長距離記録会

  • [ 大会名 ] 日本実業団陸上競技連合女子長距離記録会
  • [ 開催日 ] 2018年12月08日(土)
  • [ 開催地 ] 山口県 維新百年記念公園陸上競技場
種目選手記録順位備考
10000m 1組 西田 留衣 33分15秒27 自己新 12位 総合32位
5000m 1組 鳴瀧 ほのか 16分37秒11 自己新 13位 総合49位
5000m 2組 高山 琴海 16分31秒68 17位 総合43位
5000m 3組 金平 裕希 16分36秒50 19位 総合47位

<西田選手のコメント>
自己ベストを更新(33分36秒15)し、全日本実業団陸上の標準記録(33分40秒)切りを目標にレースに臨みました。
スタートしてからの位置取りも良く、2000mまでは積極的に走れましたが、思うような動きができずにペースダウンしてしまいました。
これからは、中盤から後半の粘りを身につけるためにロングインターバルなどの練習を確実にこなせるようにしたいと思います。目標としていた自己ベストを更新し、全日本実業団の標準切りは達成できたので、次に出場予定のハーフマラソンに向けて、走り込みと身体作りをしていきます。

<鳴瀧選手のコメント>
自己ベスト更新(17分07秒70)と16分40秒に少しでも近づくことを目標として走りました。
1周78秒~82秒のペースで走り、きつくなってからの落ち込みを最低限にしようと思っていました。ペースが落ちたときも何人かの集団だったので、お互いが前に出たりしながら78秒~82秒でずっと走れました。ラストも少し切り替えることができて良かったです。
今回のレースは確実に自己ベストを更新するために、ペースを決めて少し守りに入ったレースとなりました。次からはどんなレース展開でも対応できるようにするために、力をつけていきたいです。

<高山選手のコメント>
連戦だったこともあり疲労が抜けない中でのレースとなりました。
3000m付近で転倒者があり、巻き込まれそうになってからリズムを崩してしまい、そこからレースに絡むことができませんでした。ラスト1000mは右のお尻から坐骨にかけて力が入らなくなり、踏ん張りが利かなくなってしまいました。
今回のレースを踏まえて、次に向けてお尻周りの筋力アップときつくなったときに粘るトレーニングをしっかり積んでいきたいと思いました。

<金平選手のコメント>
15分台を狙って走りました。スタートしてから良い位置で走れていたのですが、2000m手前から我慢することができず、ずるずる後退してしまいました。
クイーンズ駅伝後から、この大会に向けて練習してきたのですが、まだまだ力不足でした。
まずは、脚の痛みを治すためにも自分の動きを見直し身体を作り、速い動きの練習をこなせるように努力していきたいと思います。

皆さま、応援ありがとうございました。