> 大会結果 > 第46回 全日本実業団ハーフマラソン大会

2018

第46回 全日本実業団ハーフマラソン大会

  • [ 大会名 ] 第46回 全日本実業団ハーフマラソン大会
  • [ 開催日 ] 2018年02月11日(日)
  • [ 開催地 ] 山口県 山口循環ハーフマラソンコース(維新百年記念公園陸上競技場)
種目選手記録順位
10km 金平 裕希 34分12秒 26位
瀬川 帆夏 34分49秒 34位
宗廣 閑那 35分40秒 48位


<金平選手のコメント> 
冬季シーズンの締めくくりとなる今回の大会では、最後まで力を出し切り、33分20秒を目標に出場しました。前半上りがあるコースに対応する事が出来ず、集団について行けませんでした。大会が連続して疲れもありましたが、思うような走りが出来なかった理由は、まだまだ力不足にあります。もう一度体を作り直して練習を積み、戦えるスピードと持久力をつけ、トラックシーズンでは強くなった自分を見てもらえるように頑張ります。


<瀬川選手のコメント> 
33分台を目標に、前回の10kmレースで課題となった後半の粘りを意識して走りました。しかし、目標タイムに届かず一番苦しい7km~9kmのラップタイムを落としてしまう走りとなりました。中間とラストでは上げる事ができ、そこは良かった部分であり今後に繋げて行きたいです。やはり、後半の走りが課題となってしまったので、今後練習で一番苦しい時の走りというのを変えるよう意識して取り組みたいと思います。冬季に走ったロードレースを春先からのトラックレースに繋げられるよう、もう一度課題と向き合ってトレーニングして行きたいと思います。


<宗廣選手のコメント> 
3分25秒~30秒で走る事を目標にしました。4kmまでは設定内でリズム良く走れていたのですが、5kmの上りでリズムに乗り切れずペースを落としてしまいました。そこからは下りを使って立て直そうとはしたのですが、上半身に硬さが出てしまい、また風と寒さで上手く動かし切る事が出来ませんでした。ペースを落としてしまってからの切り替える力がいまの私には足りていないと実感しました。これからはトラックシーズンに入るので、持久力もつけながらスピードに磨きをかけて行くようにしたいです。10kmのレースを2本走った経験を次に繋げられるよう練習に取り組みます。

皆さま、応援ありがとうございました。