> 大会結果 > 第36回 山陽女子ロードレース大会

2017

第36回 山陽女子ロードレース大会

  • [ 大会名 ] 第36回 山陽女子ロードレース大会
  • [ 開催日 ] 2017年12月23日(土)
  • [ 開催地 ] 岡山市 岡山県陸上競技場
種目選手記録順位
ハーフマラソン 西田 留衣 1時間13分39秒 自己新 31位
金平 裕希 1時間14分12秒 自己新 36位
10km 坂本 茉矢 34分06秒 自己新 15位
瀬川 帆夏 34分43秒 自己新 23位
田邊 摩希子 35分09秒 32位
宗廣 閑那 35分33秒 37位

<西田選手のコメント>
1時間14分台を目標にレースに臨みました。スタートから落ち着いて走る事が出来、最後まで自分のイメージしていた走りをする事が出来ました。途中8km、14km、19km地点で苦しくなる場面がありましたが、リズムとペースを落とす事なく粘れた事で目標を達成でき、とても自信になりました。

<金平選手のコメント>
1時間14分30秒を目標に走りました。前半から落ち着いて走れ、苦しくなってからも集団の中で耐える事が出来ましたが15km過ぎからペースを落としてしまった事が残念でした。ハーフマラソンを走るに当たって今の自分に足りないのはレース後半でブレない体を作る事だと感じたので、次のレースに向けて距離を走り込む事で強化していきたいと思います。

<坂本選手のコメント> 
今後のトラックレースや駅伝の長距離区間を担って行けるように1つの経験として10kmを走らせて頂きました。集団の力を借り良い流れで走れた事もあり、きつくなった所で粘れ、ラストでも切り替える事ができ、力を出し切れました。タイムはまだまだですが、今回のレースを走り切れた事で、長い距離の苦手意識克服へのきっかけにして行きたいです。

<瀬川選手のコメント> 
春先のトラックレースに向けて距離をしっかり走れる様にすると言う目的で、34分30秒を目標として出場しました。5km手前までは集団の前を走り、上手く流れに乗れていた事は良かったのですが、上り坂できつくなってしまい離れてしまいました。そこから粘りはしましたが、あげて行く事が出来なかった点が反省点であり今後の課題です。この冬、距離を踏み走り込む事で課題を克服したいと思います。

<田邊選手のコメント> 
34分台を目標に走りました。最初から思うように体を動かす事が出来ず、目標を達成する事は出来ませんでした。しかし離れてから自分のペースで押す事が出来、課題である後半のペースダウンは少し抑える事が出来ました。これからもっと走り込んで距離に対する抵抗を無くし、後半ペースアップ出来る力をつけて行きたいと思います。

<宗廣選手のコメント>
昨年のこの大会で出した34分37秒を更新する事を目標としましたが、前半から集団について行けず、目標には届かない走りとなってしまいました。足を痛め思うように練習を積めていない結果だと思います。しかし、レース感覚が戻って来た事とラスト1kmから切り替える走りが出来た事は良かった所なので、2月に出場予定の10kmロードレースに向けて練習を積みたいです。


皆さま、応援ありがとうございました。